胡蝶蘭を育てるときのポイント

胡蝶蘭の育て方

胡蝶蘭をギフトで貰った場合に長持ちするお花なので育てる人も多くいますが、素人でもしっかり要点を抑えることで育てることができるため、チャレンジしてみるのもよいかもしれません。

ちなみに胡蝶蘭はお祝い事のギフトでよく使用されるお花としても知られていますが、さまざまなお祝いの用途のギフトで使用することができるので、今後自分が誰かにお祝いのギフトを贈ることになったことを考えても胡蝶蘭の生育についての知識は最小限知っておいて損はありません。
胡蝶蘭を育てる上でのポイントになるのが光や通気性で、他の植物にも共通して同じことが言えるのですが、太陽からの光は光合成を促すことや活発に植物活動をする上で大切です。
また、カビが繁殖することによって発症するリスクが高くなる病気などもあるので通気性を意識することが大切で新鮮な空気と循環する環境を作るというのも育てる上でのポイントになります。
温度や湿度が一定に保たれている環境というのも大切で成長するためには15℃から35℃ほど必要になるため、この温度より下がってしまう冬だと休眠状態になるので徹底的に育てたい場合は冬場の低温リスクに備える必要があります。
適度に肥料を与えることも胡蝶蘭の健康を考える上で必要ですが、あまり濃い濃度で与えてしまうと根腐れてしまう可能性があるため、薄い濃度で与えることが大切ですが、木に着生している特性があるのでもともと肥料はあまり必要とせず神経質になることはありません。