メッセージを祝電で送る

電報メッセージ

就任祝いに胡蝶蘭をギフトとして贈る場合に就任パーティーの開催に合わせて贈ることも多いのですが、たくさんの人が集まるパーティーの場合は併せて祝電を送ることもあります。

祝電は結婚式などに贈るというのが一般的なイメージとしてありますが、普段の生活の中ではあまり祝電を贈る機会はないものの、ビジネスでの付き合いが広がってくると機会も増えてくるのでビジネスマナーとして知っておく必要があります。
胡蝶蘭ギフトも祝電も就任が決まっている内定の段階にある状態なのか、それとも正式に就任した後なのかということも贈る前に知っておく必要がありますが、現職の人がいる時に渡すことはマナー違反なので配慮を欠かさないように気を付けましょう。
パーティーや就任のイベントごとに仏滅が当てられることはないので、これらのタイミングで胡蝶蘭ギフトや祝電を贈る場合は六曜のマナーに抵触することはありませんが、少し日程をずらして贈る場合は仏滅に贈らないようにする必要があります。
今でも六曜は重視される傾向にあり、特にビジネスにおいては基本的なマナーになっているので事前に調べて大安など縁起が良いとされている日に設定するようにしましょう。
また、祝電を贈る場合のメッセージについては数多くの例文が用意されているのでその中からしっくりくるものを選択することをおすすめしますが、もちろん気持ちをストレートに伝えたい場合はオリジナルの文章を作って祝電を贈るという選択肢もあります。